新着情報

in-cosmetics 2010 に参加してきました。

2010.06.03

 去る2010413日〜15日 フランス、パリの Porte de Versailles, Hall 7.3 にて in-cosmetics 2010 が開催されました。新たな技術や製品の調査を行い、弊社の技術向上のために参加致しました。


 in-cosmetics は化粧品原材料などを扱うメーカーなどが、新しい商品、生産技術などを展示しています。

今回は約 575 社が出展。入場者数は 7807人(主催者発表より)でした。


弊社としても多様化していく社会でグローバルな視点からの開発や技術革新を実施するためにも参加致しました。


in cosme 2010 Paris 91.jpg
会場ではオーガニックの文字が多く目につきました。


 会場では "Natural", "Organic" の文字を目にすることが非常に多く、欧州市場で天然指向が強いことが伺えました。

欧州では REACH、CLP など化学物質に対する輸入規制、表示・包装を強化していることも影響していると思われます。

極端に考えると欧州では化粧品から化学物質を可能な限り排除していく傾向があるようにも感じました。


 弊社では合成化合物の全てが悪いわけでは無く、有用な物質もあると認識しています。逆に天然物由来だから何でも安全、安心というわけでもありません。何事も偏った思考では本当にいいものは出来ないと考えています。その成分に関しての有用性、安全性をしっかりと確認、認識することが大切です。もちろん、高品質を保ち、生産することも重要です。


in cosme 2010 Paris 02.JPG

会場では弊社の海外代理店を訪問致しました。



 弊社製品に関して皮膚科学に基づいた技術データについて詳細な説明を行い、交流を深めました。また、海外の市場やニーズに関してディスカッションを行い、今後の方向性に関して検討致しました。


弊社は世界中の女性が抱えているお肌の悩みを解決するため、皮膚科学に基づいたお肌に有用かつ安全な成分の探索を日々研究しています。弊社では、それらの研究成果をグローバルに応用して頂くためにも、海外への展示会への出展、海外のパートナーとの連携強化を推進して参ります。


今後もテクノーブルの新たな発信にご期待下さい。


ライフサイエンス総合研究所

新着情報一覧に戻る

page top