新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 2012年もテクノーブルをよろしくお願い申し上げます。

2012年もテクノーブルをよろしくお願い申し上げます。

2012.01.16

謹んで年始のご挨拶を申し上げます。


一日も早く昨年の災禍からの復旧が進み、皆様にとってすばらしい1年になりますようお祈り申し上げます。
2012年初めてのコラムです。年末年始はゆっくりと過ごし日頃の疲れを癒された方も多いのではないでしょうか。


私は去年に引き続き大晦日に風邪を引いてしまい寝正月でしたが、毎年1月2日、3日に開催される箱根駅伝をテレビで見ながら、選手達の走る事に対する情熱や、強い絆で結ばれたチームワークに胸を熱くしていました。
箱根駅伝が誕生したのは1920年(大正9年)、今から90年以上も前のことです。
東京−箱根の10区間往復219.9kmを襷でつないでいく、最も有名な駅伝大会の1つである箱根駅伝ですが、第一回大会には10名の選手を出場させられる状況にある学校が少なく、出場校はたった4校だったそうです。


「事実は小説より奇なり(Fact is stronger than fiction)」という諺がありますが、熾烈な優勝争いやシード権(上位10校が翌年の予選免除)争いなど、箱根駅伝では毎年必ず感動的なドラマが生まれます。
その中でも、「母校の襷をつなぐ」事は箱根駅伝の代名詞でもあり伝統です。
選手達一人ひとりが、日々の厳しいトレーニングを共に耐えてきた仲間や、出場出来ないチームメートの思い、沿道の人々の応援を一身に背負い、少しでも早く次の走者に襷を渡そうとする一生懸命な姿に、人々は感動し涙するのではないでしょうか。


我々の仕事についても共通する部分があり、一人ひとりの仕事は小さくても、個々人が各部署でやるべき事をきっちりと見極め、日頃からの準備を怠らず、お客様への想いを第一に行動をすれば、会社全体としてとても大きな成果を生み出す事が出来ると信じています。
2012年もテクノーブルの特長である一枚岩体制で、営業、研究開発、生産、特許関連の各部門が全力でお客様に満足のしていただけるサービスを提供していく所存です。
2012年もテクノーブルをよろしくお願い申し上げます。

Technoble Logo.png

 

国際戦略室

新着情報一覧に戻る

page top