新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 京都府立南陽高等学校付属中学校の「ダ・ヴィンチ夏期実習」プログラムに参加いたしました。

京都府立南陽高等学校付属中学校の「ダ・ヴィンチ夏期実習」プログラムに参加いたしました。

2019.08.16

 弊社は、去る7月22日(月)、23日(火)の2日間、京都府立南陽高等学校付属中学校の「ダ・ヴィンチ夏期実習」というプログラムに参加させて頂きました。
 生徒様8名を弊社「サイエンスパーク京都」にお招きし、
 
「国際感を取り入れたサイエンスとファッションの融合 – サイエンスからはじまるコスメティックスの世界を体感してみよう」
 
というテーマで、化粧品および化粧品原料の開発に関連する様々な世界を体験して頂きました。まだ中学生といえど、お集まり頂いた生徒様は皆、化粧品が大好き。緊張しつつも始まる前から目をキラキラさせていたのがとても印象的でした。
 
 初日は、サイエンスパートと位置づけ、化粧品と化粧品原料に関わる科学の世界を体験頂きました。まずは、皮膚の状態を実際に計測できる機器を使ってのお肌チェックや、香り当てクイズなどの体験を通して、化粧品の種類や役割を学びました。さらにテクノーブルのお仕事を体験してもらうパートでは、「光」をテーマに学習を行い、植物の色の成分や、紫外線を利用した日常の身近なアイテムに触れて、科学の楽しさと不思議の世界を体験頂きました。
 
Photo3.jpgPhoto7.jpg
 
 今回の目玉企画の1つが、国際編のプログラムでした。弊社の海外出身スタッフから、中国や欧米の化粧の歴史やお化粧そのものの考え方の違いを学んで頂きました。英語教育に力を入れていらっしゃる南陽高等学校付属中学校様において、少しでも生徒様の英語への興味の一助になればと、英語で講義を行うパートを設けるなど、今回のプログラム全体に亘って随所に国際的なお話しも取り入れさせて頂きました。
 
 加えて、私たちが最も力をいれたのは「体験」です。1日目に学んだ化粧と科学、そして国際の内容などを元に「なりたい自分」を表現していただきたく、自分自身でメイクアップを行う体験していただきました。机に並んだコスメを見た時には、キラキラとした表情をしていましたが、メイクアップを始めるとその表情は一変、なりたい自分に向けて真剣に自分の顔に化粧を施している様子もとても印象的でした。
 
Photo10.jpgのサムネール画像
 
 さらにさらに、サプライズ企画として、メイクをした状態で、研究エリアの廊下をランウェイに見立てたファッションショーを開催しました。BGMが流れた瞬間、「いやや〜!」と恥ずかしそうに笑っていましたが、最後は皆ノリノリで自分を表現して、ポージングを決めてくれました。
 
Photo9.jpg
 
 ショーを楽しんだあとは、クレンジング、スキンケア体験を実施し、クレンジング後の肌とスキンケア後の肌の水分量の差を自分のお肌で実感して頂きました。
 
Photo11.jpg
 
 最後は、日焼け止めクリームの作成と2日間に学んだことのポスター発表で、締めくくりました。特にポスター発表では、生徒様は限られた時間の中で、思い思いに模造紙に内容をまとめ、戸惑いながらもしっかりと発表されていらっしゃいました。発表を拝聴して、2日間という短い時間の中で、生徒様と一緒に作り上げたこのプログラムを行って本当に良かった!と感じた次第です。
 
Photo2.jpgのサムネール画像
 
 この「ダ・ヴィンチ夏期実習」プログラムは、夏休み終了後、改めて校内で生徒様自身が学んだことをまとめて発表されます。弊社にお越しいただいた生徒様が、本学習プログラムを通じて、化粧品について、科学について、そして英語と国際的な世界について、より興味をもって今後の学生生活を過ごしていただけたら幸いです。
 
 テクノーブルは、学生の皆様の学習生活に有意義な体験をご提供できるよう、今後も学生の皆様と、化粧品の世界を共有できる機会に積極的に参加していきたいと考えております。
 
テクノーブル社員一同

新着情報一覧に戻る

page top