新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 京都府立南陽高等学校付属中学校の2020年度「ダ・ヴィンチ夏期実習」プログラムに参加いたしました

京都府立南陽高等学校付属中学校の2020年度「ダ・ヴィンチ夏期実習」プログラムに参加いたしました

2020.09.04

 弊社は、昨年に引き続いて、去る7月28日(火)、29日(水)の2日間、京都府立南陽高等学校付属中学校の「ダ・ヴィンチ夏期実習」に参加させて頂きました。

 生徒様8名を弊社「サイエンスパーク京都」にお招きし、

 

「ニキビと菌_10代の悩めるお肌にも役立つ化粧品の世界」

 

というテーマで、化粧品および化粧品原料の開発に関連する様々な世界を体験して頂きました。今年はコロナ渦で、開催も危ぶまれましたが、しっかりと衛生対策を行った上での実施の運びとなりました。またテーマも昨今のコロナ渦から、「菌やウィルス」というキーワードに関心が高まっていることから、10代で最も関心の高いニキビを中心とした学習の場を設定しました。 

 

Lesson.jpg

 初日はニキビケアの実践編として、ニキビを隠すメイク術、そしてニキビ予防のスキンケア術を学びました。マスクをしながらの授業のため、今回は目元から上の部分しかメイクできませんでしたが、それでも初めての本格的なメイク体験に、生徒の皆さんも目を輝かせていたのが印象的でした。またこの日は手洗い前後の手、そしてペンやスマホなど身近なものに潜む菌を知るために、これらのものから菌のサンプリングを行いました。衛生への高い意識が求められる昨今、私達の毎日の手洗いの適切性や、菌が潜むリスクを学習してもらうのが狙いでした。 

 

Makeup.jpg

 

 二日目はニキビケアの科学編として、理科実験を中心とした内容でした。ニキビができる仕組みや、ニキビ予防の機能性として、皮脂の過酸化抑制を評価するための過酸化脂質抑制評価の実験体験を行い、ニキビ予防を科学的に学びました。最後は前日にサンプリングした、手洗い前後の手、およびペンやスマホなどの身近なものに潜む菌の検出実験を行いました。特に手洗い前後の手は、個人で結果にばらつきがあり、改めてしっかりとした手洗いを身につけることの大切も感じていただけたようです。 

 

Study.jpg

 

 この「ダ・ヴィンチ夏期実習」プログラムは、改めて校内で生徒様自身が学んだことをまとめて発表されます。弊社にお越しいただいた生徒様が、本学習プログラムを通じて、化粧品について、科学について、そして日常の衛生意識について、より興味をもって今後の学生生活を過ごしていただけたら幸いです。

 

 テクノーブルは、学生の皆様の学習生活に有意義な体験をご提供できるよう、今後も学生の皆様と、化粧品の世界を共有できる機会に参加していきたいと考えております。

 

テクノーブル社員一同

新着情報一覧に戻る

page top